(公財)合気会公認道場 合気道黎明道場

志木合氣会代表挨拶 師範 三輪 明

志木合氣会は、多田宏師範の主宰する「合気道多田塾」の一員です。通常の稽古に加え、毎月1回合気会本部道場で行われる「多田塾研修会」に参加しています。毎年10月には多田塾を構成する系列道場との合同合宿が開催され、呼吸法・氣の錬磨、体術、剣・杖の稽古等中身の濃い稽古が行われています。

令和2年10月、三輪師範が志木市体育協会より、スポーツ振興賞を戴きました。本賞は志木市体育協会の発展及びスポーツ振興に貢献し、その顕著な者に対しその栄誉を顕彰する為に贈られます。

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言終了後の稽古について

志木合氣会の稽古は、新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言終了の後も、マスクの着用、常時換気、入場時の体温計測、体調の個別確認、手指の消毒等、引き続き感染防止対策に努めて参ります。2021年10月1日

新規入会・見学希望者ご連絡お待ちしています

志木合氣会の歩み

志木合氣会は、故 樋浦直久師範(平成8年5月27日永眠・享年80歳・七段)が合気道黎明道場(横浜にて創設、その後富士見市へ移転)の協賛道場として、昭和63年に設立されました。
一時期、同師範の「合気道自由ヶ丘道場(合気会本部道場 多田宏師範・九段)」での同門で遠戚にあたる亀井格一師範(合気道明心会師範・八段)に指導をお願いしていました。現在は、代表の三輪明師範(七段)が指導を担当しています。

稽古日程

PAGETOP